BERRY-KAGU

黄色いモケットが可愛い秋田木工のNo.202スツール

 

   

 

この可愛い黄色の座面をどこかで見覚えがある方はいらっしゃいませんか?

東北にお住まいの方や、乗り物に詳しい方ならお気づきになるかもしれません。

 

黄色いモケットに規則的な小さな四角形が並んでいるこの特徴的な生地は、

 

 

 

秋田新幹線「こまち」E6系普通車腰掛けのモケット生地です。

乗り物が好きな方にとっては、嬉しいスツールだと思います。

モケット生地のため、触り心地もモコモコです。

秋田新幹線の玩具との撮影

 

 

こちらは、以前にも紹介した秋田木工のロングセラーのスタッキングスツール「No.202」です。

デザインは、日本インダストリアルデザイン界の先駆者である剣持勇氏が手掛けています。

 

秋田木工は、秋田県湯沢市に所在し、

日本で100年以上続く「曲木」専門の家具メーカーです。

 

NO.202スツールは、
秋田木工の得意とする曲木の技術を用いた、湾曲した脚部が特徴的で、座面も広く、座っている時の安定感がとてもあります。

しかも、軽いため片手で楽々持ちあげることが可能になっています。

デザイン性・機能性どちらも抜群なスタッキングスツールで、
秋田新幹線のシートの生地を用いた可愛い座面でスタッフ一推しのスツールです。

 

 

落ち着いた色味のため、「お部屋のアクセントとして可愛いから」とご購入される方もいらっしゃいます。

もともと、黄色は、愉快、元気、軽快、希望、無邪気といったイメージを喚起する色で、

太陽などの光の色を表す場合にも多く使われ、明るく楽しい印象を持たせる場合に効果的な色です。

色のイメージ効果は、お部屋作りにも重要なポイントになります。

お部屋の雰囲気を明るくしたいけど、色遣いは押さえたい。

そんな方にはこの黄色をオススメします。

 

写真の様に、レトロ風で合わせても良いですし、モダンでナチュラルなお部屋にも合わせやすいです。

 

NO.202の機能性(No.202の記事はこちらから)をそなえつつ、可愛らしさや希少性を兼ね備えた

秋田新幹線「こまち」E6系普通車腰掛けのモケット生地

NO.202の色々ある張地の中でも、本当にオススメできる魅力を持っています。

ご購入希望の方は、こちらから。

 

店頭には見本品もございますので、ご来店の際はぜひ実際に体感してみてください。

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集

〒028-5316
岩手県二戸郡一戸町岩舘字田中62-2

0195-26-8510

営業時間 / 11:00~16:00
定休日 / 火、水、木曜日